絵文字😊に対応しました❗

先日ご案内をしましたように、サーバー環境🖥️をリニューアルし、まめわざが絵文字の利用に対応しました。
ここでは、絵文字の対応箇所・利用方法いついて説明します。

対応箇所・利用方法

対応箇所

システムの全体が絵文字😊に対応したので、お問い合わせ📧をいただいていた掲示板💬への投稿はもちろん、各ページ📃のタイトルやページ内容など、あらゆる箇所に利用可能👌です。

絵文字の装飾

絵文字は文字として利用できるため、文字と同じようにサイズを変更したり、部分装飾メニューで影・下線などで装飾できます。一部の絵文字は色の変更にも対応しています。

絵文字の使い方

絵文字はスマホであれば一覧から選んで簡単に追加可能です。
PCでも、windows10ならばタブレットモードのキーボードから、また以下のようなコピペサイトから利用できます。

絵文字ピッカー
https://emojipicker.net/

絵文字の機種依存について

絵文字=機種依存文字と考える方も多いのではないでしょうか。
しかし現在は、Google・Microsoft・Appleなど巨大IT企業が加盟する「ユニコード協会」が仕様を決め、端末の垣根を超えて利用が可能となっています。

次図のように、実際にiPhone・Android端末(ASUS製)・Windows10での絵文字の表記を比較してみました。
それぞれで描写方法は異なりますが、意味は通じるので、利用しても問題はなさそうです。

そんな絵文字は日本のガラケーが起源で、現在ではEmojiは国際語として通用するようですので、日本人としては誇らしいですね。
しかしユニコード協会が日本の企業、特にDocomoなどの携帯企業で運営されていないところは残念です。