ワードプレスとの比較、ワードプレスからのお引越し

まめわざは、ワードプレス利用者にとってのもう1つの選択肢でありたい、ワードプレスが不満な方の受け皿にないたいと考えています。
ワードプレスとの違いや、ワードプレスからの乗り換えなどについてご質問をいただくことがあるため、ここでは比較や乗り換えなどに主眼を置き、ワードプレスについて説明いたします。

ワードプレスとは?

ワードプレスは世界で最も普及しているブログソフトです。
サーバーに設置するタイプのソフトウェアで、プログラムの知識がなくても、データベースと連動したブログサイトの運用が誰でも簡単にできます。
ブログらしい外観に限らず、一般的なホームページのような外観でも運用できるため、ブログではなく公式サイトとして利用しているユーザーが多数存在します。ホームページを管理するCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)としては世界で最もユーザーを抱えるシステムです。
ワードプレスは、オープンソースのソフトウェアで、ユーザーが新しい機能やデザインし、これを別のユーザーが利用することができます。
世界中にいるユーザーの一部が開発者やデザイナーとなってシステムを支えています。そのため、非常に多くの機能とデザインが利用できるのが特徴です。

ワードプレスとまめわざの比較表

導入や管理の容易さで比較
ワードプレスまめわざ
サーバーレンタル必要不要
ドメイン必要不要
インストール・保守管理必要不要

基本的にワードプレスは自分でサーバーをレンタルし、ドメインを取得し、インストールして、アップデートなどの保守管理を行う必要があります。
コントロールパネルからボタン1つでワードプレスをインストールすることが可能なサーバーもあるようですが、基本的には自己責任で利用するオープンソースのソフトウェアです。
一方で、まめわざはサーバーにインストール済みの自社開発ソフトウェアを利用するサービスであり、サーバーレンタル・ドメイン取得・ソフトウェアのインストールや保守管理が不要です。

費用での比較
ワードプレスまめわざ
最低費用無料(無料サーバー利用時)無料
一般的な費用サーバー料
独自ドメインの場合はドメイン料
無料(広告あり)
有料プランは広告なし

次に費用面を見てみます。
ワードプレスは、サーバーレンタルが必須なため、基本的にサーバー料金が発生します。国内外で幾つか無料サーバーがありますが、ほとんどで広告が付きます。
ドメインは、レンタルサーバーがサブドメイン(〇〇.domain.comのような3分割型のドメイン)を提供している場合は追加費用が不要です。独自ドメインを取得する場合は費用が発生します。
まめわざは、サーバー費用がかからず、サブドメインが付属します。「広告なし」の場合にシステム利用料がかかります。

サポートでの比較
ワードプレスまめわざ
対人サポートなしあり
ネット上の情報大量にあり自社のヘルプや動画のみ

ワードプレスは、レンタルサーバーがインストール機能を提供している場合でさえ、対人サポートは受けられないと考えたほうが無難です。
一方で、多くのユーザーがいるため、ネット上には膨大な情報があり、自助努力であらゆる問題を乗り越え得る材料が用意されています。
まめわざは、自社提供のヘルプのほか、メールでの対人サポートを提供しています。

機能・デザインでの比較
ワードプレスまめわざ
プラグイン極めて豊富なし
デザイン極めて豊富有限
各コンテンツを都度デザイン可
入力機能WYSIWYG独自の入力機能

ワードプレスは、利用者がプログラマー・デザイナーとなって提供できるため、極めて多くのプラグインやデザインが用意され、日々それが増え続けています。
まめわざは、全てが自社開発のため、プラグインはなく、システムに予め備えられた機能だけで構成されています。デザインは雛形が300種類弱(2016年5月時点)と有限で、それぞれ3色で色付けが可能です。
ワードプレスは、見出しやテーブルなどのコンテンツを都度デザインすることはできませんが、まめわざの装飾機能では可能です。
ワードプレスは1つの入力欄に、見出し・テキスト・テーブル・箇条書きなどを入力するWYSIWYGというエディターです。まめわざは、見出しは見出し用、テーブルはテーブル用、とそれぞれ独立したエディターを提供しています。

ワードプレスで作成したホームページの自社管理

上記の比較表でも分かるように、ワードプレスはソフトウェアのインストールや保守管理が必要なため、敷居が高めです。
完成後のホームページの内容の一部を修正する場合でも、ホームページの知識に明るい方でなければ難しいケースが多々あります。
端的に言えば、

  • ワードプレスを自分で導入した方・・・
    もちろん自社管理
  • ワードプレスでホームページを外注制作した方・・・
    制作会社に依頼するのがベスト

ということが言えます。
もちろん、外注制作した場合でも、ネット上の情報を集めながら更新することは可能ですし、またブログなど日常的に更新する箇所は例外です。

まめわざは、自社管理に主眼を置いたシステムですので、ワードプレスで作成したホームページの自社管理にお困りの方はぜひご利用ください。

自社管理で気をつけること

MacよりWindowsのユーザーが多いため、ウィルス製作者はWindowsを標的にすると言われます。このように、利用者が多いシステムは、常に効率のより攻撃対象になります。ワードプレスはオープンソースのため、セキュリティの穴を見つけやすいことも、攻撃対象となる主要因の1つです。
一方で、頻繁なアップデートにより、セキュリティ対策はしっかりと行われています。アップデートを怠らないように注意しましょう。
外注制作の場合は、制作会社に保守管理が依頼できれば安心です。

ハッキングされたミシュラン2つ星獲得店検索エンジンからのアクセスはほぼ0に。サイト名の下に警告が表示され、ブランドが傷つき、実際に損害が出れば加害者にも成り得ます。
ブラウザ独自の警告ブラウザによってはアクセス時に警告が表示されます。

まめわざへのお引越しをご検討ください

もしワードプレスにご不満の場合は、ぜひまめわざへの引っ越しをご検討ください。特に、下記のような問題を抱えた方におすすめです。

  • ワードプレスをアップデートせずに放置している
  • ワードプレスで制作したホームページを更新できない
  • 自らワードプレスをインストールして利用してみたが使っていない(難しい、使い方を調べる時間がない、など)
  • 動作が重い
  • サーバー費用が2,000円/月以上(まめわざの有料プラン以上)かかる

自分のホームページがワードプレスかどうかを判定する方法

アドレスの末尾に「?feed=rss」や「feed」を付けてみましょう。
http://a.jp/

http://a.jp/?feed=rss

http://a.jp/feed
これでRSSが表示された場合は、ワードプレスを利用しています。
また、画像などのコンテンツマウスを当てた際に「wp-content」というアドレスが含まれている場合はワードプレスを利用しています。

2016/5/13