ホームページアドレスの変更機能と譲渡機能で、作成代行も楽々

ホームページ登録時に「あとで変更できません」としていたホームページアドレスが変更できるようになりました。
ホームページの管理者を簡単に変更できる譲渡機能も合わせて提供開始、両方を組み合わせればホームページの作成代行が簡単に行なえます。

ホームページを作成代行

次の特徴から、まめわざはホームページの代行作成に便利なシステムです。

  • 無料で使えます
  • 1つのメールアドレスで複数の無料ホームページを作れます
  • ホームページのアドレスを変更できます(新機能、以下で説明しています)
  • 譲渡機能でホームページの管理権限を譲渡できます(新機能、以下で説明しています)

下記のようなに様々なケースの作成代行にご利用いただけます。

  • まめわざの既ユーザーの方が、友人などのためにホームページを作成代行
  • パソコンが苦手な方のために、その家族が作成代行
  • 起業を支援する方や団体が、起業家のために作成代行
  • ホームページ作成代行業の方が、事業として作成代行

まめわざを使ったホームページの作成代行には、次のような特徴があります。

  • 複数案を比較できる
    1つのメールアドレスで複数の無料ホームページが作れるので、複数案を作成して提案できます。
  • 新管理者でも使いやすい
    メールサポートもあって安心
    直感的に理解しやすい管理ページに加え、動画説明やヘルプも充実しています。
    譲渡後の新管理者の方が引き継いて使いやすいシステムです。
    無料ユーザーでもメールサポートが使えるので安心です。
  • 検索エンジン対策に優れている
    サイトマップを自動生成して自動送信し、検索エンジンに登録します。
    ページを自ら無制限に更新・増刷できるので、ホームページ内容の充実化という最善の検索エンジン対策がとりやすいシステムです。
    パンくずリスト・構造化マークアップ・OGP・AMPページなどの自動生成、SSL対応、高速表示などで検索エンジン対策を援護します。
  • 無料でも続けて使える
    有料プランへのステップアップも
    新管理者に変わっても、無料で使い続けられます。
    〇〇.comといった独自ドメインや、info@〇〇.comといった独自ドメインメールなどを使える有料プランも格安です(料金のページ)。
  • 公開・非公開の切り替えや閉鎖ができる
    作成したページの公開・非公開の切り替えや、恒久的な閉鎖がすぐに行えます。
  • 更新代行サービスも
    弊社が更新を代行をするオプションもございます(詳しくは料金のページ)。
    譲渡後に更新をお任せすれば、システムに一切触れずにホームページを運用できます。

ホームページアドレスの変更

まめわざ登録時に、ホームページアドレスの一部であるサブドメイン(例:「〇〇.webu.jp」の〇〇の部分)を設定していただきます。
このアドレスは、これまでは変更不可というルールでしたが、今後は申請により変更できます。

変更手順

  • まめわざにログイン後、右上の三本線アイコンで「その他の設定」を押します
  • 上部のタブの「URL」を押します
  • 「アドレス変更」の「こちらから」を押して、注意事項を確認の上、変更希望のアドレスを入力して「OK」を押します
  • 変更作業がありますので一度ログアウトしてお待ち下さい
    弊社で変更可能なアドレスかを確認後に変更してお知らせします。通常0~3営業日で変更が完了します

変更にあたっての注意点

ホームページのアドレスを変更すると、検索エンジンから一旦除去され、検索エンジンからのアクセスがゼロになります。
「〇〇」のキーワードで検索した際に○位に表示、という検索エンジンからのランク付けも消去され、新しいアドレスに引き継がれません。
以上から、ホームページアドレスの変更は、基本的に公開前(ホームページ作成段階)に実施することをおすすめします。

一部ご利用頂けないアドレスがございます。

ホームページの譲渡

ホームページの譲渡機能を使うと、次のことが簡単に実行できます。

  • ログインID・パスワードを変更する(パスワードはランダムな自動生成も可能)
  • 新管理者へログイン情報を送信(本文は自由に変更可能、メールソフトを利用)
  • Facebook・Twitter経由でのログイン設定を削除

譲渡の手順

  • まめわざにログイン後、右上の三本線アイコンで「その他の設定」を押します。
  • 上部のタブの「譲渡」を押します。
  • 注意事項を確認の上、まずはステップ1で新しいログインID(譲渡先のメールアドレス)とパスワードを設定します。
    「自動生成」を押すと8桁のパスワードがランダムで生成されます。
  • ステップ2の「メール送信」を押して、メーラー(メールソフト)を起動させ、ログイン情報を新管理者に送信します。
    自動生成されたメール本文は自由に変更できます。ただし、これに含まれるログインID・パスワードは変更しないでください。
    メーラーが起動できない場合は、手動でメーラーを起動させて、ログインID・パスワードを新管理者に送信してください。
  • ステップ3の「ログイン情報を変更&ログアウト」を押して、注意事項を確認の上で「譲渡する」ボタンを押します。
    ログイン情報が変更され、ログアウトします。以降、これまでのログインID・パスワードではログインができなくなり、譲渡が完了します。

譲渡にあたっての注意点

ステップ2~ステップ3の間にステップ1で設定したログインID・パスワードを変更すると、ステップ2でメール送信したログイン情報と、ステップ3で更新したログイン情報が一致しなくなり、ログインができなくなりますのでご注意ください。
ログインID・パスワードを変更した際は、ステップ2から再度実行してください。

メールソフトの送信履歴に残る新しいID・パスワードでログインが可能です。不要な場合は履歴を削除してください。

2017/4/3