PC・モバイル(スマホ)混合ブラウザシェアランキング 2016

PC・モバイルの各端末の合計を100%としたブラウザのシェアの2016年版を2015年版に引き続きてご案内いたします。
自社で運営する日本国内向けサイトのAnalyticsの生のデータです。

広告
ブラウザシェア 2016(%)

上段 スマホユーザーが多いホームページ
下段 PCユーザーが多いホームページ (カッコ内は前年比)
OSブラウザブラウザバージョン
iOS50.21 (↑3.93)
40.89 (↑6.1)
safari49.47 (↑3.8)
40.4 (↑6.02)
933.69
26.58
safari(in-app)5.17
4.13
9未満10.62
9.69
Chrome0.71 (↑0.11)
0.49 (↑0.09)
50以上0.6
0.4
50未満0.11
0.08
Android33.37 (↓1.75)
25.63 (↑0.13)
Chrome26.48 (↑10.34)
20.33 (↑8.95)
50以上13.53
10.8
50未満12.95
9.53
Android標準6.66 (↓-12.1)
5.15 (↓-8.8)
4.0以上6.58 (↓-11.61)
5.09 (↓-8.56)
4.0未満0.08 (↓-0.49)
0.07 (↓-0.21)
Firefox0.1 (↑0.01)
0.05 (同)
Opera0.07 (↓-0.03)
0.03 (↓-0.01)
Amazon Silk0.03 (↑0.03)
0.07 (↑0.07)
Windows15.3 (↓2.01)
30.73 (↓-6.08)
IE8.57 (↓-3.11)
19.17 (↓-8.89)
117.76 (↓-1.57)
17.36 (↓-10.7)
100.16 (↓-0.37)
0.47 (↓-0.95)
90.41 (↓-0.54)
0.92 (↓-1.96)
80.19 (↓-0.51)
0.32 (↓-2.56)
70.04 (↓-0.09)
0.11 (↓-0.29)
60.01 (↓-0.03)
0 (↓-0.1)
Chrome3.96 (↑0.2)
6.51 (↓-0.08)
50以上3.45
5.75
50未満0.52
0.76
Edge1.39 (↑1.39)
3.32 (↑3.32)
Firefox1.3 (↓-0.39)
1.63 (↓-0.35)
47以上1.12
1.37
47未満0.18
0.27
Opera0.07 (↓-0.04)
0.07 (↓-0.04)
Safari0.01 (↓-0.01)
0.01 (↓-0.01)
Mac OSX0.96 (↓0.07)
2.52 (↓-0.13)
Safari0.57 (↓-0.09)
1.62 (↓-0.18)
9以上0.39
1.12
9未満0.19
0.5
Chrome0.26 (↑0.03)
0.68 (↑0.15)
50以上0.19
0.49
50未満0.07
0.19
Firefox0.11 (↓-0.03)
0.21 (↓-0.1)

表の見方

左から順にOS・ブラウザ・ブラウザバージョンを表示しています。
それぞれは、左側にラベル・右側にシェア(%)を表示しています。
2つのホームページのシェアを上下段に分けて掲載しています。上段はスマホユーザーが多め、下段はPCユーザーが多めです。カッコ内は前年からの変動(%)です。
シェアの上段または下段を縦方向に合計すると約100%になります。

統計の条件

2016年6月16日~7月16日のAnalyticsのアクセス情報を整理したデータです。
上段のホームページは69万セッション、下段のホームページは15万セッションです。いずれのホームページもスマートフォンでの表示(レスポンシブウェブデザイン)に対応しており、日本語で日本人向けに提供しています。
シェアが少ない一部のブラウザはバージョン別に表記していません。
IE・Android以外のブラウザバージョンは前年比を割愛しています。

OSシェアランキング

  • iOS (40~50%)
  • Android(25~33%)
  • Windows(15~30%)
  • OSX(1~2.5%)

ブラウザシェアランキング

  • iOSのSafari(40~50%)
  • AndroidのChrome(20~26%)
  • WindowsのIE(8~19%)
  • Androidの標準ブラウザ(5~6%)
  • WindowsのChrome(4~6%)

CSS視点での統計

特定のブラウザを合算したシェア
ブラウザシェア(%)対象となるスタイル(一部)
~IE70.05 (↓-0.12)
0.11 (↓-0.39)
display: inline-block
疑似クラス:before
~IE80.24 (↓-0.63)
0.43 (↓-2.95)
rgbaで指定した色
box-shadow
border-radius
background-size
疑似クラス:last-child、:fist-of-type、:last-of-type、:nth-child、:nth-of-type
~IE90.65 (↓-1.17)
1.35 (↓-4.91)
animation
text-shadow
gradient
~IE100.81 (↓-1.54)
1.82 (↓-5.86)
border-image
広告

分析とまとめ

  • AndroidはChromeがデフォルト
    Androidはバージョン5以上のシェアが上昇し、5から標準ブラウザとなったChromeがOS付随の標準ブラウザのシェアを抜きました。
    これにより、昨年は「iOSのSafari・Androidの標準・AndroidのChrome・WindowsのIE」の4強だった状況から、Androidの標準を除いた3強状態に変わっています。
  • iOSの一人勝ち
    iOSのシェアが上昇しています。
    昨年に続き、iOSのSafariで正しく表示・動作することが最も重要です。
  • Edgeのシェア上昇中
    Windows10のデフォルトブラウザであるEdgeのシェアが伸びています。今後ますます上昇すると思われます。
    Windows10を買っていない開発者はそろそろ購入を検討したほうが良いでしょう。
  • IEのシェア下落の原因は?
    Windowsのシェア下落に加え、WindowsのChromeとEdgeにシェアを奪われています。
    IEの存在感が薄れることは、開発者にとっては歓迎すべきことでしょう。
  • IEは11だけでOK?
    IE6~IE10のシェアが下落し、いずれも1%を割っています。
    IEは11でのみ表示・動作確認をする、という選択肢も現実的になってきています。
    同時に、IE10まで未対応のスタイルを積極的に利用できる環境が整ってきました。
  • -webkit
    iOSで9未満の古いバージョンを使っているユーザーが10%ほどいます。かなり高いシェアです。
    この内、どのぐらいのユーザーがベンダープレフィックス「-webkit」を必要としているかははっきり分かりませんが、念の為に「-webkit」の提供は続けたほうが良いと思われます(同時に各端末の古いSafariユーザーもカバー可)。
  • 古いAndroid端末は大切に
    4.4以上がプリインストールされたAndroidでは標準ブラウザが使えません。
    Android標準ブラウザのシェアが低くないので、4.3以下がプリインストールされた端末を大切にとっておきましょう。
    4.4や5にバージョンアップした端末は、1台で標準ブラウザと最新Chromeの両方がチェックできる貴重な存在です。
  • Amazon Silk?
    Amazon Silkは「Fire OS」の標準ブラウザです。
    電子書籍向け端末のKindleや、Fireタブレット、Fire TVなどAmazon系の端末の標準ブラウザです。
    シェアは低いので気にしなくても良いでしょう。完璧が求められる場合には、テスト対象が1つ増えたと言えます。

昨年から変わらないこと

  • モバイルファースト
    スマートフォンからのアクセス数がPCからのアクセス数を圧倒しています。
    スマートフォン未対応のホームページは、6~8割超のユーザーに不便をかけています。
    スマートフォンユーザーに最大限に配慮しましょう。
  • シェアから見た推奨の開発用ブラウザ
    ホームページコーディング時、はじめに確認するのはPCならWindowsのIE11、スマホならiOSのSafari。これでシェア57%。
    AndroidのChromeを加えると78~83%。
    Android標準、WindowsのChrome&Edgeを加えて93~95%。
2016/8/22